鈴木星亜 「All You Need is Surface」

2021年11月20日 - 12月19日

オープニング・レセプション:開催いたしません

Maki Fine Artsでは11月20日(土)より12月19日(日)まで、鈴木星亜 個展「All You Need is Surface」を開催いたします。Maki Fine Artsでは2回目の個展となる本展では、これまでの鈴木の代表的な題材である、水面を描いた新作を中心に発表いたします。
鈴木の描く風景の「ゆがみ」は、ユニークな制作プロセスに起因しています。実際の風景を取材する際、カメラにより記録するのではなく、文字によるメモ書きを残します。そのメモ書きの記憶を頼りにして、作品化しますが、キャンバスに構図の下書きをせずに、直接描くという手法によるものです。風景を二次元化する過程において、写真で記録する場合は、撮影時にトリミング(切り取り)されますが、鈴木の制作手法は、事後的にキャンバスの枠内にイメージを押し込め、圧縮するような描写で進めるため、その結果として、自由自在に変換された独自のパースペクティブが生み出されています。水面を白い網目のラインで表現した描写や、樹木や葉っぱの強調された輪郭が、画面に与えるイリュージョンの作用を後押ししています。近年、試みを続けている、画面に皺を作り、凹凸を用いて描く手法も、その実践の延長線上にあります。

--

All You Need is Surface

前回の個展のタイトルを決める時に出た「Surface」という言葉がとてもしっくりきた。
物の構造から離れて物体の「Surface」だけを見るときに、それは絵画になるんじゃないか。
私が見るものも「Surface」だろう。中身は見えないから想像するしかない。
誰かの考えも言葉や態度という「Surface」を通してしか分からない。
様々な考えが「Surface」という言葉に集約される感じだ。
そんなことを考えていたら、ビートルズの「All You Need is Love」がふと浮かんだ。小さい頃にアルバムを買って、気に入って聴いていたのだけれど、調べてみると、歌詞をどう解釈するか難しいらしい。僕らには正解は分からない。ジョン・レノンがどう考えていたのか想像するしかない。全ては「Surface」で、「Surface」こそ全てだ。

鈴木星亜


鈴木星亜 | Seia Suzuki
1986 年東京都生まれ。2012 年多摩美術大学大学院美術研究科博士前期(修士)課程絵画専攻油画研究領域修了。2012 年 VOCA 賞受賞。実際の風景を文章で書きとめ、それをもとに絵を描くという手法で制作し、ものを見て、描くという絵画のプロセスの中で何がおこっているのかを探求している。近年の主な展覧会として、個展「Surface 2014 - 2020 」(2020年 / Maki Fine Arts)グループ展「TOKYO☆VOCA」(2020年 / 第一生命ギャラリー)、個展「絵は私の身体を通して世界を見る」(2018 年 / ギャラリー16)、個展「project N 62 鈴木星亜」(2015 年 / Tokyo Opera City Art Gallery 4F corridor)、個展「水面」(2015 年 / 第一生命ギャラリー)など。

work image

Seia Suzuki | 鈴木星亜
Surface 21_01
2021
Oil on canvas | キャンバスに油彩
130.3 x194cm

work image

Seia Suzuki | 鈴木星亜
Surface 21_02
2021
Oil on canvas | キャンバスに油彩
41x 31.8cm